『医療事務の面接、よく聞かれることは?』

『医療事務の面接、よく聞かれることは?』 イメージ

突然ですが、面接は得意ですか?あまり得意ではない方が多いのではないでしょうか。でも、仕事を始めようと思ったら、面接は避けては通れないものですよね。苦手な面接も事前に準備をしておけば、大丈夫。今回は、医療事務の面接にスポットを当てます。
 

■医療事務の面接で質問されることベスト5!

どんなことを質問されるのか気になる方も多いはず。事前にある程度回答を考えておくことができたら、落ち着いて受け答えできますよね。ここでは、質問されることの多い項目ベスト5と、その答え方のポイントをご紹介しましょう。
 

●面接質問項目その1:志望動機

必ず質問されるのは、医療事務の仕事を選んだ理由と受験先の医療機関を選んだ理由です。この質問の答え方のポイントは、どちらも動機を明確にすることです。医療事務の仕事のどんなところに魅力を感じたのか、また応募先の医療機関のどんなところにひかれて選んだのかをしっか伝えましょう。質問の答えを事前に用意しておくことは大切ですが、文章で丸暗記するのはNGです。当日緊張してしまい、覚えたことを忘れてしまう場合もあるので、箇条書きで覚えたり、キーワードを単語化して記憶しておくといいでしょう。
 

●面接質問項目その2:前職について

転職や復職などの場合、前職はどんな仕事に携わっていたのか、また辞めた理由などについて質問されます。この時、辞めた理由を答えるだけでなく、前職で学べたことやその経験をどう活かしていきたいかなども付け加えると、仕事に対する前向きな姿勢ややる気をアピールできます。
 

●面接質問項目その3:パソコンのスキル

医療事務の仕事ではパソコンは欠かせないため、スキルの有無について質問されることもあります。まったく経験がないと答えてしまうとマイナスになってしまうので、仕事として経験がなくても、『ワードやエクセルの操作はできる』、あるいは『週3日程度はパソコンを使っている』など、ある程度操作できることを付け加えましょう。
 

●面接質問項目その4:医療事務の心構え

『医療事務にとって大切なことはどんなことだと思いますか』と言う質問をされることもあります。医療事務経験者は、経験から答えを導き出すことができますが、未経験者の場合は、人の命に関わる仕事だと言うことを強く意識した上で仕事にのぞむ姿勢を持っていることなどをアピールしましょう。
 

●面接質問項目その5:質問編

面接の最後に、面接官から『何か質問はありますか』と聞かれるケースがあります。ここでNGなのは『特にありません』と答えてしまうこと。応募した医療機関の業務内容や福利厚生などを事前に調べ、聞いておきたいことを最低でも1つは必ず用意しておきましょう。ただし、ホームページや資料を読めば書いてあるようなことや、『残業はありますか』といった質問は、仕事への意欲が低いと思われてしまうので避けましょう。質問がない場合は、知りたいことは理解できている旨を伝えましょう。

 

■大きな病院とクリニックでは、面接にこんな違いがあります!


総合病院や大学病院など、規模の大きな医療機関の場合、面接を担当するのは人事課長や医療事務課長の場合が多いです。クリニックの場合は主に医院長が面接を行なう場合が多いです。また、質問内容も、大きな病院の場合は医療の専門知識を持っているかなど、即戦力としての能力を問われることがあります。それに対してクリニックでは、通勤時間や勤務が可能な時間など、比較的パーソナルなことを質問されることが多いです。
 
 
 
一般的な質問も多いですが、質問に専門用語があったり、PCスキルや電子カルテ操作経験などを聞かれることもあります。未経験だと回答に困ってしまうこともあるかもしれません。また、医療事務の求人は、経験者を優遇するケースが多いのは事実。でも、資格を持っていれば、未経験でも即戦力としての知識を持っていることの証明になります。就職を有利にするのはもちろん、医療事務の資格は持っていれば、全国どこでも就職できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

■日本医療事務協会の医療事務講座をチェックする。

 

■今すぐ医療事務求人.comでお仕事を探そう!充実の就職サポート!

無題1

コラムの一覧へ