ご存知ですか?病院とクリニックの違い

ご存知ですか?病院とクリニックの違い イメージ

 

病院、診療所、クリニック、医院・・・・。医療機関には様々な呼び名がありますよね。「風邪を引いた時、怪我をした時、どんな基準で医療機関を選べば良いかよくわからない」、「医療機関で仕事がしたいけど、自分はどんなところが向いているのかしら」、という方のために、今回は病院とクリニックの違いをご紹介します。ご自身・ご家族の通院、あるいは、就職先としての医療機関選びの参考にしてみてください。

コラム5月28日2

 

ココが違います!病院と診療所

 

医療機関には様々な名称がありますが、実はクリニックも医院も診療所の通称です。そのため、診療所に分類される医療機関は、〇〇クリニックや〇〇医院、〇〇診療所と自由に表記を選べますが、病院と表記するためには医療法に定められている基準を満たしていなければなりません。診療所と病院、「医療法」ではいったいどのように定義付けされているのか、ここでわかりやすくご説明しましょう。

 

 

その①スタッフの数が違う

病院と診療所の大きな違いはその規模です。病院の場合は、入院施設としてベッド数が20床以上(「総合病院」の場合は、100床以上)で、医師の数も最低3名以上(40人の外来患者様に対して医師は1人、16名の入院患者様に対して医師は1人)が必要です。これに対し、診療所は、入院施設としてのベッド数は19床以下。入院施設がなくてもOK。医師も一人で患者様を診るケースがほとんどで、医師一人が診る患者様数に制限はありません。医師以外のスタッフに関する規定もあり、診療所で入院施設がある場合は、看護師、准看護師、看護補助者は必要ですが、入院施設がない場合は医師一人でも開業することは可能です。一方病院は、看護師、准看護師、看護補助者に加え、薬剤師や栄養士、放射線技師、作業療法士、理学療法士など、診療科ごとに適切な医療行為が行えるよう、専門のスタッフの配置が義務付けられています。

 

その②役割が違う

病床数や医師の数だけでなく、病院と診療所には医療機関としてそれぞれ担っている役割にも大きな違いがあります。診療所は軽いけがや病気、慢性疾患などの患者様の治療が中心となるため、地域の“かかりつけ医院”としての役割が大きいのに対し、様々な設備が整う病院では、緊急搬送の対応や難病・重症の治療といった高度な医療技術や医療行為が受けられる医療機関となっています。

 

その③料金システムにも違いがあります

診療報酬の改定が実施された2006年以降、初診料は病院も診療所も均一ですが、診療所などからの紹介状を持たずに病院を受診すると、初診料の他に「特別料金」が請求されます。「特別料金」は、自己負担となりますからご注意ください。

 

 

大きな病院を受診する場合に必要な「紹介状」って何?

 

診療所の医師から病院での受診を勧められた場合、「紹介状」というのを渡されます。この「紹介状」、正式には「医療情報提供書」と言い、診断名や治療・病気の経過、検査結果や処方内容、紹介理由などが書かれているもの。診療所から次の医療機関に患者様の医療情報を提供する大切な医療記録で、「紹介状」があれば、大きな病院で受診や治療をスムーズに受けられることに加え、1から検査をする必要などがないため、患者様の負担軽減にもつながる大切な書類です。

 

 

病院と診療所の違いはご理解いただけましたか?違いがわかると、医療機関を受診したい時、あるいは医療機関で仕事がしたいと思った時の病院選びの大きなヒントになりますよね。

診療所でも病院でも、患者様を最初に迎えるのは医療事務。患者様の心を和らげたり、医療機関の印象を決める重要な役割を担っているなど、医療機関ではなくてはならない存在です。

 

 

誰かの役に立つ仕事がしたい、やりがいのある仕事に就きたいと思われている方、この機会に医療事務の仕事に挑戦してみませんか?

医療事務の仕事探しなら、求人が豊富な医療事務ドットコムにお任せ。あなたの個性や働き方にぴったりの医療機関がきっと見つかります。

 

詳しくは、こちらをクリック!

 

無題1

 

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る