クリニック受付の志望動機をご紹介!例文やポイントなど

クリニック受付の志望動機をご紹介!例文やポイントなど イメージ

クリニック受付や病院受付は、医療的な資格がなくても医療現場で働くことができるため、人気のある職業です。ここではクリニック(病院)受付として働くため、面接や履歴書で好印象を与えるための志望動機についてご紹介します。志望動機を考える際のポイントと、それぞれのポイントに合わせた例文も記載していますので、参考にしてみてください。

【目次】

■ クリニック受付(病院受付)とは?仕事内容について

クリニック受付(病院受付)の志望動機を書く3つのポイント

クリニック受付(病院受付)の志望動機例文

 

 

12月10日①

 

 

クリニック受付(病院受付)とは?仕事内容について

クリニック受付や病院受付は主に受付で患者様の対応を行っていますが、業務の内容は幅広いです。とくにクリニック受付は病院に比べてスタッフの人数が少ないため、より幅広い業務が求められる傾向にあります。

 

来院患者の対応では、初診や再診の受付、保険証の確認、カルテの作成、問診表への記入を促します。会計業務では、診察後に検査や診察の内容に応じて保険点数を計算し、医療費用の請求も行います。

 

レセプト業務は、診療報酬明細書を作成し、点検、各関係機関に提出する重要な仕事です。スタッフが少ないクリニックでは秘書のような役割をするクラーク業務や、掃除、後片付けなども受付の仕事です。

 

クリニック受付(病院受付)の志望動機を書く3つのポイント

クリニック受付の就活を行う際、志望動機は採用の可否を決めるために参考とされるため、重要になります。採用につながるよう、しっかりとポイントを抑えておきましょう。ここでは、自分をPRするための3つのポイントをご紹介します。

 

なぜクリニックの受付になりたいのか考える

医療現場の受付には、病院受付やクリニック受付があります。なぜクリニック受付を選んだのか、志望理由を明確に述べる必要があります。クリニックを選んだ理由やエピソードなどを盛り込みましょう。クリニックを選ぶ志望動機としては、以下のようなことが挙げられます。

 

病院に比べてスタッフが少ない分、幅広い業務を経験できるメリットがあります。事務業務において多くの経験を積めるのはもちろん、診察介助など多くのスキルを身に付けることができるでしょう。求人数が多い分、未経験者可の求人もあります。

 

またクリニックは、ライフスタイルに合わせた働き方ができるメリットもあります。病院のように入院設備がないことから、日勤だけの仕事が可能です。またカレンダー通りの休診となることが多いため、育児中の人も働きやすいでしょう。

 

なぜその病院・クリニックが良いのか考える

数ある病院やクリニックの中から、なぜその病院(クリニック)を選んだのか、その病院(クリニック)が良いと考えた理由を志望動機として明確にしましょう。

 

ここは非常に重要な部分で、その病院(クリニック)の特徴を事前にどれだけ研究しているかを、採用者にアピールすることができます。この内容が薄いと何社も掛け持って応募しており、その病院(クリニック)をあまり理解していないと捉えられてしまいます。

 

その病院(クリニック)独自の特徴や強みをしっかりと把握し、志望動機に明確に記載しましょう。

 

自分がその病院・クリニックでどうなりたいのか考える

採用した後どのように働きたいと考えているのかも、合否を決めるポイントとなります。採用されるまでに勉強したことも大切ですが、就職後にどのような自分になりたいかを伝えることも大切です。

 

例えば受付業務が未経験の場合、どのようなスキルを身に付け、どのような資格を取得しスキルアップしたいと考えているかなどを、具体的に表現してみるとよいでしょう。キャリアプランを明確にしておくと、その病院(クリニック)を志望した理由も明確になりやすいです。

 

 12月24日②

 

 

クリニック受付(病院受付)の志望動機例文

志望動機のポイントを踏まえ、実際にどのような文章が良いか、クリニック受付(病院受付)の志望動機例文をご紹介します。例文を元に、オリジナリティのある志望動機を考えてみましょう。

 

例文1:しっかり企業研究した例

私が貴院を選んだのは、美容クリニックの中でも最新の医療設備を備え、充実した医療を提供している医療機関だからです。患者様一人ひとりのニーズに細かく対応し、満足いただける医療を提供しており、スタッフの評判も非常に良いと伺っています。

 

美容クリニックは健康な患者様がいらっしゃいますが、その分徹底したサービスが必要とされます。私も貴院の評判を落とすことのないよう、病院の顔として受付業務を行いたいと思っています。

 

例文2:自分の強みをアピールした例

私は学生時代にボランティアで積極的に保育園や高齢者施設など福祉施設へ行き、お話を聞き一緒に活動するなどしていました。そのため幅広い年齢層とコミュニケーションを取ることが得意です。

 

貴院では小児科・内科を掲げているため、子どもから高齢者まで幅広い年齢層の患者様が来院されます。学生時代のボランティアで培った自分のスキルを活かし、患者様とコミュニケーションをはかり、病院の顔としての役割を担える受付業務を行いたいと思います。

 

例文3:自分の過去の経験を交えた例

私は幼少期に喘息があり、小児科の貴クリニックを頻繁に受診していました。喘息があることから風邪を引くとこじらせやすく、点滴治療を受け長時間クリニックに滞在することが多かったのです。そのためスタッフのみなさんと関わる時間も多く、優しく笑顔で話しかけてもらったことで、子どもながらに安心して過ごすことができていました。

 

そのため今度は自分が貴クリニックで働き、小児科を受診する子どもたちに安心して受診してもらえるように働きたいと考えました。貴クリニックでは「患者様」に寄り添いコミュニケーションを大切にする」とありました。忙しい時でも、患者様一人ひとりに寄り添った病院受付をしたいと考えています。

 

例文4:自分の経歴を活かしたいとアピールした例

医療事務の仕事は、病院の顔であり高いコミュニケーション能力が求められますし、レセプト業務など早く正確な仕事が求められます。そのため私は医療事務としてキャリアアップしたいと考え、メディカルクラークや、医療事務 管理士技能認定試験資格を取得しました。

 

現在は、最新の点数表の算定と処理能力を身に付けるため、診療報酬請求事務能力認定試験のため勉強中です。今までの経験や資格取得で身に付けた知識を活かし、貴院のお役に立ちたいと思います。

 

クリニック受付(病院受付)の志望動機NG例

私は、貴院が評判のよいクリニックだと聞いて志望しました。スタッフも優しいと聞いたので、職場の人間関係でも苦労することがないと思ったからです。以前の職場では人間関係で悩み転職を決めたので、できるだけ人間関係の良い職場で働きたいと思っています。

 

また交通の便が非常に良い場所であることから、運転免許資格をもたない私でも通勤が楽なことも志望理由の一つです。通勤時間もかからないため、プライベートな時間を充実させることができ理想の職場だと思いました。

 

病院受付は、病院の顔としての受付業務だけではなく、カルテ作成やレセプトなど事務的な仕事も多くあります。また、働き先によっては診察の介助など幅広い業務を担っています。そのため、高いコミュニケーション能力や素早い判断力などのスキルが求められるでしょう。

 

ここでは、そういったことを踏まえクリニックや病院の受付の志望動機を書く際のポイントをご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「医療事務求人ドットコム」では、クリニック(病院)受付の求人を多数掲載しています。働き方や地域など希望する条件で検索することができますので、自分に合った条件の職場を見つけやすいでしょう。

 

医療事務求人ドットコムを運営する日本教育クリエイトはお仕事をお探しの方に就職支援を行っている会社です。

昭和50年10月に設立後、1年に3000人以上の方のお仕事決定をサポートしてきました。これからお仕事をお探しの方、転職を悩まれている方、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

まずは「スタッフ登録」か「お仕事検索」をクリック!

無題1

医療事務の資格を取得するなら下記をクリック!

日本医療事務協会 ロゴ

★関連コラムはこちら

クリニックの受付は無資格でもできる?求人の探し方や就職について解説!

クリニック受付の仕事内容とは?一日の流れやメリットを解説!

■ご存知ですか?病院とクリニックの違い

『医療事務の面接、よく聞かれることは?』

医療事務の自己PRを書くポイントと例文を解説

コラムの一覧へ

今週のオススメ受付求人

もっと見る