調剤薬局事務の面接対策のポイント事前準備や想定質問などをご紹介

調剤薬局事務の面接対策のポイント事前準備や想定質問などをご紹介 イメージ

事務仕事の中でも、調剤薬局の中で働くという特殊な性質を持つのが、調剤薬局事務です。調剤薬局事務の面接では、一般的なマナーや対策のほか、独自の質問事項などについても想定しておくべきでしょう。今回は、調剤薬局事務の面接対策について説明します。

 

【目次】

調剤薬局事務の面接の事前準備

調剤薬局事務の面接の服装・身だしなみ・持ち物

調剤薬局事務の面接でよく聞かれる質問と回答例

調剤薬局事務の面接で質問回答以外でチェックされるポイント

 

20200428

 

 

調剤薬局事務の面接の事前準備

調剤薬局事務の面接を受ける前には、以下のような準備を整えておきましょう。

 

自己分析を行いPRや志望動機を整理する

面接の前には、自分が調剤薬局事務として働きたいと思う理由について、また自分がこの仕事に向いている面についてなど、事前に分析をしましょう。転職の場合は、前職で何を得たかを考えることが大切です。また、自己分析に基づいて自己PRの内容や志望動機についてもまとめておくと、面接の際にスムーズです。その際に質問したいことがあればこのときに整理しておきます。

 

面接会場へのアクセスを把握しておく

面接の前には、会場までのアクセス方法をしっかり確認しておきます。公共交通機関を利用する場合、遅延なども見越して早めに準備するようにしましょう。そして、会場には10分前くらいには着いておくことがベストです。もし1時間前など早く着きすぎた場合は、カフェなどで心を落ち着けたり質疑応答のシミュレーションをしたりするのもおすすめです。

 

調剤薬局事務の面接の服装・身だしなみ・持ち物

ここでは面接にあたって服装や身だしなみ、用意しておくべき持ち物について紹介します。

 

服装

面接時の服装について指定がないところもありますが、スーツにしておけば、一般的なマナーを備えているという印象を与えることができます。中には、カジュアルな服装でもいいと考える人もいますが、調剤薬局は患者さんと接する仕事ですから、スーツを着ない場合でも最低限の身だしなみは整えておきましょう。

 

身だしなみ

基本的には顔がはっきり見えることを意識し、長い髪はまとめて前髪を横に流して額を見せるように心がけてください。また、髪が落ちてこないように短いところはピンで留めておきましょう。メイクをする際は濃すぎないように自然な印象を心がけることが大切です。ほかにも派手なネイルは避ける、きつい香水はつけないこともあげられます。

 

調剤薬局事務の面接でよく聞かれる質問と回答例

ここでは実際の面接で聞かれる志望動機や質問の回答例について紹介します。

 

なぜ調剤薬局事務として働きたいのか

数ある事務仕事の中で、なぜ調剤薬局事務を選んだのかは、面接時に聞かれやすい質問の1つです。この際に待遇や働き方を話すのではなく「調剤薬局事務の方に親切にしていただいた」「調剤薬局事務は患者様と接する仕事であり、健康を守る役割の一助になりたい」など、具体的な理由をあげましょう。

 

この調剤薬局を選んだのはなぜか

ほかの業種でもそうですが、調剤薬局ならどこでもいいと受け取られてしまうと、悪印象につながりかねません。そのため事前に、その調剤薬局の特徴や経営理念、地域性などをよく把握して具体的な理由をあげましょう。その際に自分がその調剤薬局のどこに興味を持ったかを事前に洗い出しておくことが大切です。

 

経歴について

別業種から調剤薬局事務に転職する場合は、転職理由も質問される傾向があります。このとき、前職でのネガティブなエピソードよりも、調剤薬局事務に魅力を感じたことを前面に出すようにしましょう。たとえば、接客業から転職する場合は、「患者さんと接することが得意で健康を通じて笑顔にしたい」といったポジティブな回答を用意しておくと無難です。

 

調剤薬局事務の仕事に対する意識

仕事に対する意識を質問された場合は、「医療従事者様やスタッフ間との連携」のように答えれば、コミュニケーション力の高さをアピールできます。また「患者様に気持ちよい対応をしたい」という回答であれば、患者様本位に考えていると取ることができるでしょう。さらに、これらの回答に至った自分のエピソードを絡めると、より具体的に説明しやすくなります。

 

将来のキャリアアップなどのビジョン

自分がどのような調剤薬局事務になりたいか、どのような形で貢献したいか、またキャリアアップとしてどのようなことを考えているかも答えられるようにしておきましょう。「地域に根差した調剤薬局のイメージに貢献すべく患者様と薬剤師のパイプ役になりたい」など、調剤薬局のイメージアップに貢献したいといった回答も相手の印象をアップさせる答えです。

 

長所・短所

自分の長所については、「細かく正確な仕事が得意」「人からは明るくて優しいと言われる」など、自分や他人からの評価とそれに続くエピソードを織り交ぜて話すようにしましょう。また短所についても話せば、自己分析がよくできているという印象を与えられます。しかし、その際もネガティブな内容で終わるのではなく改善策として心がけていることなどを付け加えましょう。

 

逆質問

「何か質問はありますか?」と聞かれる逆質問は、どのような業種の面接でもあることですが、調剤薬局事務の場合は仕事に対する前向きな姿勢や受け答えを計るためのものです。ここで「特にない」と言ってしまうともったいないため、逆質問に備えて質問したいことを事前に考えておくようにしましょう。

 

複数の質問を用意しておけば、逆質問の前に質問内容が解決されたとしても対応しやすいです。質問内容としては「担当する業務にはどのようなものがありますか?」など、実際に採用されたときを想定した質問は具体的かつ好印象です。

20200526①

 

 

 

調剤薬局事務の面接で質問回答以外でチェックされるポイント

ここまでは、質疑応答の内容自体をチェックされるものですが、面接官はそれ以外の部分も見ています。実際にはどのような点がチェックされているのでしょうか。

 

会話をスムーズに運べる

質問に対する受け答えなど、詰まらずにスムーズに返せることや本質からずれた回答をしないことで、会話のコミュニケーションを適切に取れるかどうかを見られています。そのため、面接官の言葉をよく聞き、自分の言葉でしっかり適切に返せることが求められます。

 

話すときの態度

面接官と話すとき、きちんと目を見て話せるかどうかも、コミュニケーション力の1つとして計られています。また、笑顔でハキハキと対応できることも重要なポイントです。調剤薬局事務は、安心して薬を受け取ってもらう役割を担っています。そのため、面接官への対応がそのまま患者様への対応として見られることもあるでしょう。

 

落ち着いた対応

面接は誰しも緊張するものですが、つい早口で話してしまったり言葉に詰まったりすると、いざ仕事で患者様に接したときに不安を与えてしまうことにもなりかねません。そのため、面接でどのような質問が来ても落ち着いて対応できる力が、調剤薬局事務に求められます。

 

正しい言葉遣い

社会人として、最低限の敬語や丁寧かつ正しい言葉遣いは重要です。さらに調剤薬局事務になると、患者様へ好印象を与える話し方、もしくは先輩スタッフや上司、医療従事者などに敬意を払った言葉遣いができるかどうかは、大切なポイントの1つとなるでしょう。

 

調剤薬局事務の面接では、仕事への情熱や姿勢、患者様への対応を想定したポイントなどを重視されます。また、調剤薬局に訪れる患者様の症状は千差万別であるため、柔軟な対応ができることをアピールできるようにしましょう。ほかにも最低限のマナーは基本として守るようにしてください。

 

医療事務求人ドットコムでは、調剤薬局事務の求人も多数掲載中です。希望の勤務地や給与などの条件で検索もできるため、ぜひ自分に合った職場を探してみてはいかがでしょうか。

 

医療事務求人ドットコムを運営する日本教育クリエイトはお仕事をお探しの方に就職支援を行っている会社です。昭和50年10月に設立後、1年に3000人以上の方のお仕事決定をサポートしてきました。これからお仕事をお探しの方、転職を悩まれている方、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

 

まずは「スタッフ登録」か「お仕事検索」をクリック!

 

無題1

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る