看護助手の志望動機の書き方は?書く際のポイントと例文を紹介

看護助手の志望動機の書き方は?書く際のポイントと例文を紹介 イメージ

「小さい頃、看護師に憧れていた」、「人の役に立つ仕事に就きたい」、あるいは「できれば医療の現場の近くで仕事がしたい」など、看護助手を目指す人の動機は様々です。看護助手は医師や看護師と共に、時には医療チームの一員として活躍するスタッフですが、資格や経験がなくても仕事に就くことができるとあり、未経験者はもちろんのこと、元医療関係者や看護師経験者、看護師へのステップにと考えている人たちから密かに人気の職業です。

看護助手の仕事への就職・転職を考える方にとって、自分に合った求人探し同様、大きな壁となるのが履歴書の書き方。特に、志望動機は採用の決め手となるだけに、ポイントを抑えた書き方が重要になります。そこで今回は、看護助手の仕事に就くために、自分をどうアピールすればいいか、看護助手として採用されやすい履歴書の書き方のポイントをご紹介しましょう。

 

koramu514

 

【目次】

採用されやすい志望動機の書き方

志望動機の例文紹

<人と関わる仕事がしたいことをアピールする志望動機例>

<資格や経験をアピールした志望動機例>

<病院の経営理念に共感した志望動機例>

<看護師・看護助手にされて感動した経験談をアピールする例>

 

 

採用されやすい志望動機の書き方

 

希望の医療機関・施設から選ばれるためには、なぜ看護助手になりたいのか、その志望動機はとても重要です。仕事に対する意欲や看護助手の仕事が自分に向いていることなどをアピールするのが効果的。採用担当者に「この人を採用したい」と思わせるような志望動機にするには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、採用されやすい志望動機の書き方のポイントをまとめてみました。

 

①なぜ、看護助手になりたいか、その理由を考える

看護助手の仕事や、仕事の現場で求められる能力をしっかり理解した上で、なぜ看護助手になりたいか、自分が看護助手に向いていると思う理由などをまとめる。

 

②看護助手の仕事に興味を持ったきっかけ(経験など)をアピールする

自身や家族、友人が入院中、あるいは通院・治療の際に、看護助手と関わった経験から、看護助手の仕事に憧れ、目指すきっかけになったなど、リアルな経験をアピールする。

 

③自分の個性や長所が活かせる仕事であることをアピールする

学生時代にマネージャーをやっていた、あるいは誰かをサポートをするポジションで大いに能力を発揮することができる、人と関わる仕事がしたいなど、看護助手として必要な要素があることをアピールする。

 

 

志望動機の例文紹介

 

志望動機の書き方のポイントをつかんだところで、具体的にどのように書けばいいか、ここではアプローチの異なる4つのタイプの例文をご紹介しましょう。

 

<人と関わる仕事がしたいことをアピールする志望動機例>

『私が看護助手の仕事を選んだ理由は、人のお世話をすること、誰かの役に立てることに喜びを感じるからです。以前、介護施設でボランティアの経験をしたことがあり、その際に入居者の方へのちょっとしたサポートやお手伝いを感謝されたり、私との会話を楽しんでいただけたことにとても喜びを感じました。ボランティア最後の日には、施設長様から「今後も人を支える仕事に関わってほしい」と言うお言葉をいただき、看護助手の道に進もうと決意し、貴院の求人に応募いたしました。』

 

<資格や経験をアピールした志望動機例>

『1年半ほど〇〇病院で看護助手として勤務しておりました。日々、仕事に携わりながら、もっと患者様のお役に立ちたい、もっと医療と深く関わりたいという思いが強くなり、看護師免許を取得したいと思うようになりました。貴院は、働きながら勉強ができる環境が整っていると聞き、貴院への就職を希望いたしました。

仕事と勉強の両立に励み、1日も早く看護師として貴院に貢献できるようになりたいと思っております。勉強はもちろん、仕事にも真摯に取り組んで参りますので、何卒よろしくお願いいたします。』

 

<病院の経営理念に共感した志望動機例>

『貴院は自宅から近く、私自身をはじめ家族もお世話になっております。来院する度に、スタッフの方々が笑顔で生き生きと働く姿を拝見し、とてもいい印象を持っておりました。また、ご高齢の患者様に対する丁寧な対応や、患者様を第一に考えた医療を提供している貴院の病院としての取り組みに共感し、ぜひこちらで働きたいと思い求人に応募いたしました。看護の仕事はやりがいも大きいですが、同時に人の命に関わる職場となるため、責任も大きな仕事であるという自覚をしっかりと持ち、貴院の患者様をはじめ、医師や看護師の方々にも必要とされるような看護助手になりたいと考えております。』

 

<看護師・看護助手にされて感動した経験談をアピールする例>

『私は子どもの頃、入院を経験しました。幼かったこともあり、心細さと不安な気持ちでいっぱいだった私を気遣い、励まし、勇気づけてくれたのが、看護師さんや看護助手の方でした。その時、看護師さんや看護助手の方への感謝の気持ちを持つと共に、生き生きと働く姿に憧れ、私も将来不安な気持ちを持つ患者様のお役に立ちたい考え、その想いを叶えるために貴院の求人に応募いたしました。』

 

 

看護助手は、未経験でも医療チームの一員として医療の現場の近くで仕事に携われるため、やりがいのある仕事の一つとして、近年求人の競争率は高くなっています。元看護師、あるいは看護助手の経験者がより良い条件を求めて転職するケースも増えており、未経験者が希望通りの条件、あるいはより良い条件で就職するためには、履歴書対策は必須です。ライバルたちに負けないよう、志望する就職先をしっかり研究し、対策を講じましょう。

 

 

医療事務ドットコムなら看護助手の求人も豊富。就職のプロ・キャリアアドバイザーが、履歴書作成もしっかりサポートします。

 

無題1

 

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る