専門学校生なら医療事務の志望動機はこう書こう!

専門学校生なら医療事務の志望動機はこう書こう! イメージ

医療事務の仕事は、未経験・無資格でも働くことができます。
ですが、医療現場という特殊な環境下において、やはり知識や経験がないことでつらい思いをすることもあるでしょう。
そのため、専門学校で医療事務について学んでいることは、医療現場に適応しやすく採用でも優遇されます。

 

しかし、医療事務の専門学生であっても、人気のある仕事ですから狭き門であることには変わりありません。
狭き門をくぐり抜けるため、志望動機は重要なポイントです。ここでは、医療事務の専門学生が志望動機を書く場合、どのような書き方をすると採用されやすくなるのかなどをご紹介します。

 


【目次】

★医療事務の仕事の志望動機の書き方について

★医療事務専門学校入学への志望動機は特にどう書くべき?ポイントは?

★求人を探しているなら専門学校卒業生というアドバンテージを活かそう!

★医療事務専門学校生の志望動機は特にどう書くべき?ポイントは?

★記事まとめ


 

医療事務の仕事の志望動機の書き方について

医療事務の求人に応募する場合、どのような志望動機の書き方をすると採用されやすいのでしょうか。

医療事務として働いたことがない学生にとって、志望動機はありきたりになりがちです。

そういったなかで高い説得力のある志望動機を書けるかが、採用につながるポイントになるでしょう。

 

そのためには医療事務として働く適性や人柄、医療事務になりたいという意欲が伝わる志望動機を作成しなくてはなりません。医療事務の仕事がしたいと思った具体的なエピソードなど、やる気が伝わる志望動機を考えましょう。

 

志望動機を作成するポイントは下記の記事をアクセス!
~医療事務の志望動機の書き方は?経験者と未経験者それぞれの例文も紹介~

 

医療事務専門学校入学への志望動機は特にどう書くべき?ポイントは?

医療事務専門学校に入学するための志望動機を書く際に、特に強調したいポイントをご紹介します。

 

専門学校で目指したい職業を具体的に伝える

なぜこの専門学校を選んだかという理由は、本人のやる気をうかがえる部分になります。
専門学校は、専門的な仕事をするための知識や技術を学ぶ場所です。特に医療事務の専門学校を卒業してどんな仕事がしたいのか、明確に伝えましょう。

 

専門学校は義務教育と違い、適性ややる気がないとふるい落とされてしまいます。
そのため、将来が明確ではないと挫折しがちです。専門学校側は、つらいことがあっても乗り越えようとする忍耐力ややる気があるか、志望動機から判断します。
特に医療現場という特殊な環境で働く医療事務は、つらいと感じることも多くあります。
なぜその医療事務の仕事をしたいと思ったのか、熱量が伝わる志望動機を考えてみましょう
。子どもの頃の経験や、得意分野、学生時代の体験や部活動で頑張ったことなど実体験があると、より現実味があり伝えやすくなります。

 

専門学校の理念や学習内容など共感したポイントを伝える

 専門学校の理念や、学べる内容のどの部分に惹かれたのかを志望動機で伝えましょう。
受験する専門学校をよく理解していることのアピールにもなります。この学校でなければならないということを伝えることが大切です。

 

また、具体的に学びたい内容を伝えることで、将来のビジョンが明確であることがアピールできます。
医療事務として働く将来的な目標が定まっている場合、資格取得にも積極的になります。
専門学校は入学したからといって、希望する職業に就けるわけではありません。

 

入学後、どれだけ努力することができるかによって就職先は変わってきます。
努力しない人は、資格取得ができないこともあります。資格取得ができなければ、就職もできません。
専門学校では就職率を下げるような生徒は合格させないでしょう。

 

将来目指す職業から、どのようなことに貢献したいと考えているか伝える

どのような職業であっても、社会的な貢献があります。志望動機のなかで、将来目指す職業からどのような社会貢献をしたいと考えているのかをアピールすることも大事です。

 

医療事務という職業から、どういった対象の人たちにどのようなメリットをもたらしたいのか考えてみましょう。ただ自分がその医療事務に憧れているというよりも、具体的にその職業を理解していることが伝わるでしょう。

 

自己分析ができていることをアピールする

自己分析によって、自分の強みや弱み、特徴を理解できていることをアピールしましょう。
自分の強みを理解できている人は、どう活かせるか考えることができます。強みを活かし能力を高めることができることは、専門的な分野を勉強したい人にとって大切なことです。

 

また、弱みを理解できているということは、自分の努力するべきポイントを知っているということになります。
特に医療事務という専門的な分野で働きたい人は、自己分析ができていると志望動機に深みを持たせることができるでしょう。

名称未設定-2

求人を探しているなら専門学校卒業生というアドバンテージを活かそう!

専門学校を卒業していることは、就職へのアドバンテージが大きくなります。専門学校では、資格を取得するために専門的なことを学べるからです。
卒業する頃には、専門的な知識や技術を学校で身につけることができているはずです。大学や短大を卒業した人に比べて、即戦力になれるという強みになるでしょう。

 

専門学校卒業生であれば、未経験であっても実習で現場を経験しており、より専門的な知識を身に付けていることがアピールできます。
求人に応募する際は、専門学校卒業生であるアドバンテージを活かすことが大切です。

 

医療事務専門学校生の志望動機は特にどう書くべき?ポイントは?

医療事務専門学校生が志望動機を書く際は、どのようなことをアピールするとよいでしょうか。ポイントをご紹介します。

 

資格取得をアピールする

医療事務の仕事は、専門的な知識を必要とされます。
医療事務は一般事務に比べて、レセプト業務や診察の介助など特殊な業務内容があります。医療事務専門学校生は、医療事務の仕事に役立つ資格を在学中に取得可能です。

 

資格を取得していることは、無資格の人に比べて正確な知識や技術をもっていると認識してもらうことができます。取得した資格を活かしたいことを志望動機でアピールしましょう。

 

実習などで現場を経験していることをアピールする

医療事務専門学校生であるということは、学生時代に実習等で医療現場を経験していることをアピールしましょう。医療現場は特殊な環境です。

医療事務として働いたことがない未経験の人は、医療現場の雰囲気だけで圧倒されてしまい転職してしまう人もいます。

 

医療事務専門学校生は、医療事務に特化した授業を受けていることから、就職後に悩むことが少ないのです。それは採用する側にとっても高いポイントになるでしょう。

 

キャリアステップしたい向上心を伝える

採用する側としては、将来的に向上したいと考えている人に働いて欲しいと考えています。
将来的な目標をしっかりと意識している人は、就職後つらいことがあっても乗り越えることができるからです。

 

医療事務専門学校で学んだ人は、学校に入学する前からその職業に就きたいと考えています。
そして就職後のビジョンも明確な人が多く、さらなるキャリアアップの構想ができている人も多いです。
医療事務として働くにあたり、どのような未来像があるかによって、就職後のモチベーションが変わってきます。

 

就職する時点で資格を取得している医療事務専門学校生だからこそ、どのようなキャリアステップを考えているか、具体的なビジョンを志望動機でアピールするとよいでしょう。

 

記事まとめ

ここでは、医療事務の専門学校に入学したい人の志望動機の書き方や、医療事務専門学校生が就職する際の志望動機のポイントについてご紹介してきました。

 

医療事務のように、専門的な知識や技術を必要とされる仕事をするうえで、専門学校を卒業していることは大きなアドバンテージです。
一般的な大学などを卒業している人と違い、即戦力になれることをアピールしましょう。
医療事務の専門学校を目指している人や、専門学校を卒業して医療事務で働きたい人は、こちらでご紹介したことを参考にしてみてください。

 

「医療求人ドットコム」なら、看護助手の求人を多数掲載しています。
雇用形態や希望給与等、様々な条件で検索できるので、自分に最適な職場を探してみましょう。

医療事務の仕事を探すなら、下記をクリック!

ドットコムロゴ
医療事務求人ドットコムを運営する日本教育クリエイトはお仕事をお探しの方に就職支援を行っている会社です。

昭和50年10月に設立後、1年に3000人以上の方のお仕事決定をサポートしてきました。

これからお仕事をお探しの方、転職を悩まれている方、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

関連記事はコチラ

 

コラムの一覧へ

今週のオススメ医療事務求人

もっと見る