看護助手の資格を独学で取得することは可能なのか?

看護助手の資格を独学で取得することは可能なのか? イメージ

看護助手の資格を独学で取得することは可能なのか?

看護助手の仕事は、資格がなくてもできる仕事ですが、医療現場の仕事は生命に関わるため、責任が重くミスが許されません。

そのため、知識や技術はあった方が採用にも有利であることは間違いありません。

しかし、資格を取得するために学校に入るとなると多くの費用がかかります。

本記事では、看護助手の資格は独学でも取得することができるのか、また看護助手になる方法についてもご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

看護助手は独学でなれるのか?

一般的な看護助手の目指し方

独学で看護助手になるための方法

看護助手の資格一覧

看護助手になるにあたって特におすすめな資格とは?

まとめ

 コラム・看護助手

看護助手は独学でなれるのか?

看護助手は資格がなくても働くことは可能です。
しかし、医療現場では専門用語も多く戸惑うこともあるでしょう。
医療行為を行うことはありませんが、患者さんの身の回りのお世話や、検査・診療の際に行う看護師のサポート業務は責任重大です。

 

そのため、日常的な介助をスムーズに行うための知識や技術、患者さんの体調的な変化を見落とさないための知識などは勉強しておいた方が良いでしょう。

看護助手として働くうえで必要な知識や技術を得るためには、資格を取得することがおすすめです。

 

看護師は国家資格になりますが、看護助手の資格は民間資格になります。

看護師の国家資格は、受験資格として専門学校や大学などの養成学校を卒業するなど条件があります。

 

その点、看護助手に役立つ資格は民間の資格です。

受験するための条件などがないため、誰でも受験することができます。

養成学校に入学する必要がなく、テキストや資料を取り寄せて独学で受験できます。

 

養成学校などを卒業するのに比べて、費用をかなり抑えることができますし、自分のペースで勉強できるため、仕事をしながら勉強することも十分可能です。

 

一般的な看護助手の目指し方

看護助手として働くために必要な国家資格などはありません。

無資格、未経験でも看護助手を目指すことが可能です。

しかし、全く知識や技術もなく働くことに不安を感じている方や、少しでも就職に有利になるようにと民間試験を受験する人もいます。

 

独学で看護助手になるための方法

看護助手に役立つ資格取得は独学でも十分に可能ですが、養成学校に入らず資格を取得する場合は、どのように学習するかが重要です。しかし全く知識がないと、どのように学習するかでも悩むことでしょう。

ここでは、看護助手の資格取得を独学で目指す際に必要なステップについてご紹介します。

 

ステップテキストを探す

看護助手資格を独学で勉強する場合は、まずテキストを探しましょう。

テキストは市販されているものを購入します。

どのようなテキストが自分に向いているかを確認してから購入するとよいでしょう。

 

通信講座を利用する場合は、どのような資格を取得したいか、料金・学習期間なども講座によって違います。

まずはパンフレットを全て取り寄せてみて、比較してみることで自分に合ったものを見つけることができるでしょう。

 

ステップ資格試験へ申し込む

独学の場合は自分のペースで勉強をすることが可能です。

じっくりと勉強することができたら、資格試験を申し込みしましょう。

独学で受験が可能な資格に、「看護助手実務能力認定試験」があります。

 

試験日は、一般の人が受験する在宅試験と、認定校の受講生が受験する会場試験があるのでチェックしましょう。

全国医療福祉教育協会のホームページから確認することができます。

受験料は、独学で受験する場合は税込み5000円になります。

 

受験にあたって必要なものはあるのか?

独学で資格取得が可能な看護助手実務能力検定試験は、受験資格は問われません。

メディカルクラークでは、実務経験が1年以上、指定の教育機関で講座を受講しているなどの受験資格が必要になります。

 

看護助手の資格一覧

資格は主に民間の資格となっています。
看護助手の民間資格として代表的なものが、「看護助手実務能力試験」と「メディカルケアワーカー(R)検定試験」の2種です。

 

看護助手実務能力試験

「看護助手実務能力試験」は、全国医療福祉教育協会が認定する民間の資格になります。

受験するための条件がないことから、誰でも受験できる資格です。

人体の構造や、病気、介護の方法、医療に関する法律などに関して問われます。

 

出題の傾向として、学科問題では看護助手業務と役割の理解、患者の理解、看護助手業務を遂行するための基本技術、記述問題で看護助手業務を遂行するための基本技術に関する問題が出題されます。

 

学科が25問、記述問題が5問、90分間の試験で正答率6割以上が合格基準です。

合格率は68割となっており、年間3回試験が実施されています。

 

メディカルケアワーカー(R)検定試験

「メディカルケアワーカー2級」は、医療福祉情報実務能力協会が認定する民間資格です。

受験資格として医療福祉情報実務能力協会が規定する実務経験を1年以上積むことが必要になります。

もしくは、医療福祉情報実務能力協会が指定する教育機関にてメディカルケアワーカー(R)講座受講を修了していることが必要です。

 

看護助手の役割や看護理論、病気について、薬学知識、電話対応などのマナーについて問われます。

学科20問と記述問題800字程度となっています。

 

「メディカルケアワーカー1級」ではメディカルケアワーカー2級を合格していることが受験資格です。

2級の試験内容にある学科に加え、看護助手の実技に対する知識や基礎心理学についての知識も問われます。

 

1級の試験も学科は20問、800字程度の記述問題となります。

1級、2級ともに合格率は65%前後となっています。

受験料は1級が8700円、2級が7700円です。

 

看護助手になるにあたって特におすすめな資格とは?

看護助手になるために特におすすめな資格は、看護助実務能力認定試験です。

こちらの資格は、受験するための条件がないため、看護助手を目指したい人が誰でも受験できます。

 

合格することにより、看護助手として即戦力となれる知識や技術をもっているとみなされるため、就職にも有利になるでしょう。

看護助手は無資格、未経験で働くことができるとされていますが、医療現場で働くうえで全く医療的な知識がないと周りにも不安を与えてしまします。

 

自分自身も不安になりますし、失敗が続くと看護助手として働くことへの自信も失いかねません。

そのため、全く未経験でも受験資格が得られ、独学で資格が取得できる看護助手実務能力試験はおすすめです。

 

まとめ

ここでは看護助手に役立つ資格や、独学で資格を取得する方法などをご紹介してきました。

看護助手として働くことで、介護士や看護師を目指しやすくなるなどメリットも多くあります。

看護助手として働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

医療求人ドットコム」なら、看護助手の求人を多数掲載しています。

勤務時間や地域など、様々な条件で検索できるので、自分に最適な職場を探してみましょう。

 

看護助手の仕事を探すなら、下記をクリック!

 

ドットコムロゴ

医療事務求人ドットコムを運営する日本教育クリエイトはお仕事をお探しの方に就職支援を行っている会社です。

昭和50年10月に設立後、1年に3000人以上の方のお仕事決定をサポートしてきました。

これからお仕事をお探しの方、転職を悩まれている方、まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

「医療求人ドットコム」なら、医療事務の求人を多数掲載しています。勤務時間や地域など、さまざまな条件で検索することが可能ですから、自分に最適な職場を見つけることができるでしょう。

 

関連記事はコチラ
コラムの一覧へ

今週のオススメ看護助手求人

もっと見る