あなたはどちら派?派遣VS直接雇用

あなたはどちら派?派遣VS直接雇用 イメージ

正社員やパート、アルバイト、派遣など。雇用形態は様々ですが、「自分にはどのワークスタイルがあっているのかしら?」とお悩みの方に、今回は派遣と直接雇用、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。あなたの働き方のヒントが見つかるかも・・・・!?

 

履歴書(横位置)

 

派遣と直接雇用、どう違うの?

 

大きな違いは、雇用先。“直接雇用”は、企業や会社と直接雇用契約を結び、正社員や契約社員、パート、アルバイトとして仕事を行うのに対し、“派遣”は、派遣会社と契約し、そこから人材を必要とする企業や会社で働くというスタイルになります。給与も“直接雇用”の場合は、雇用先から支払われますが、“派遣”の場合は派遣会社から支払われます。

 

 

派遣の「メリット」

 

“派遣”で働く一番のメリットは、プライベートを重視した働き方ができることです。勤務地や勤務期間、勤務時間が選べるため、家事や育児はもちろん、習い事や家庭の様々な事情を優先して働くことができます。また、派遣会社の営業担当が手厚くサポートしてくれるため、仕事先でのトラブルや困ったことが起きた場合は親身に対応してくれるなど、安心して仕事ができる環境も整っています。さらに、憧れの会社や大企業で働くチャンスもあるほか、サービス残業がないことも、“派遣”のメリットと言えるでしょう。

 

派遣の「デメリット」

 

“派遣”で働く一番のデメリット働く期間が決められていること、時給制で交通費や賞与がない契約もあるため、“直接雇用”に比べ、給与面で差が出るケースもあるというデメリットもあります。(契約によっては月給制もあり)

 

 

直接雇用の「メリット」

 

“直接雇用”の最大のメリットは、長期間働けるということ。正社員として働く場合は定年まで勤められる、パートやアルバイトでも長期間働けるという安心感が最大のメリット。給与面でも交通費の支給や昇給もあり、各種保険制度といった福利厚生も充実しています。ただし、パートやアルバイトとして働く場合は、“派遣”の方が時給が高いケースもあります。

 

直接雇用の「デメリット」

 

“直接雇用”のデメリットは部署の異動や転勤があるほか、やりたい仕事ができない、休日出勤や残業を課せられるといったデメリットもあります。

 

 

 

派遣・直接雇用、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちちらの働き方を選ぶにしても大切なのは雇用形態ではなく、自分に合った仕事や職場を見つけることではないでしょうか。

「やりがいのある仕事がしたい」、「感謝される仕事がしたい」という方には、医療事務のお仕事がおすすめです!

医療事務の求人が豊富な医療求人.comなら、専門の就職アドバイザーがあなたの就職をサポート!

きっとあなたにぴったりの仕事が見つかります。

今すぐ「スタッフ登録」か「お仕事検索」をクリック!

無題1

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る