求人増!なぜ今「医療事務」が人気なの?

求人増!なぜ今「医療事務」が人気なの? イメージ

今やすっかり資格講座の定番となり、実際に求人数も増えている医療事務ですが、なぜこれほどまでに人気が高いのでしょうか。今回は医療事務という資格の人気の秘密や、仕事内容についてご紹介していきたいと思います。

 

■医療事務の仕事内容

AAAC5652_s

医療事務とは病院やクリニックなどの医療機関で事務や経理などの業務を行う、医師や看護師をサポートする職業です。
「事務」という言葉から、パソコンを使った業務が多いと思っている方もいるかと思いますが、実際にはレセプト業務(診療報酬請求事務業務)や秘書業務など、さまざまな業務を行っています。
ただ仕事の種類や内容が多岐に渡ることから、実際に医療事務として働いた場合、業務を覚えて慣れるまでの間は多少苦労をすることもあるかと思います。
大変なこともたくさんある仕事ではありますが、医療事務は魅力が多いことから特に女性からの人気が高い資格となっていて、通信講座や専修学校はもちろんのこと、独学で勉強して資格を取ろうとしている方もたくさんいるようです。

 

 

■医療事務の4つの魅力

医療事務という職業にはたくさんの魅力があり、それらの魅力が人気の秘密と大きく関係しています。

 

 

女性_プラス子ども

①ワーキングスタイルが選べる

医療事務の仕事を行っていく上で年齢や性別はほとんど関係なく、また勤務形態も正社員、派遣社員、パートタイマーなどから自由に選ぶことができます。そのため家事や育児との両立がしやすい上に、出産などで一度仕事から離れた場合でも、他の仕事に比べて復帰がしやすくなっています。

 

 

無題

②日本全国どこでも働ける

医療事務は基本的にはどの職場でも仕事内容が同じであるため、引っ越しや転勤で住む場所が変わった場合でも、すぐに仕事を探してまた働き始めることができます。

 

 

40代女性

③年齢に左右されることなく働ける

多くの病院で年齢を制限せずに求人の募集を行っている上に、業務自体もデスクワークが中心であるため、現在は幅広い年代の方が医療事務として活躍しています。勤務時間についてもフルタイムはもちろんのこと、パートタイマーとして雇用されれば午前のみ・午後のみといった半日勤務も自由にすることができます。

 

 

★AAAC5151

④求人数が多い

日本全国の病院の数は、日本全国のコンビニエンスストアの2倍以上あるといわれています。さらに今後は高齢化社会が進んで病院を利用する高齢者の人数も増えていくため、医療事務は景気に左右されにくい、安定した職業であるといえるのです。

 

 

■職場によっては仕事の幅が広がることも!?

医療事務の仕事の幅は、働く職場によって大きく変わる場合があります。医療事務としての仕事をしながら院長の補佐役となったり事務所の運営をサポートしたりすることができる可能性もあります。働く職場によっては、ただの事務職に終わらずに幅広い業務を担当することもできるのです。現在医療事務として働く職場を探している方は、そういった部分も踏まえて職場選びをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

■今すぐ医療事務求人.comでお仕事を探そう!

無題1

コラムの一覧へ