2016年度診療報酬改定で「事務的負担増」

2016年度診療報酬改定で「事務的負担増」 イメージ

2月25日更新のコラムですでにお知らせしている通り、今年度は診療報酬の改定が行われ、今月(4月)の請求から新制度での算定がスタートしています。

2016年度診療報酬改定におけるレセプト記載要領や疑義解釈通知を見ると、これまでの改定と比較して「事務的負担増」とも言える項目が少なくありません。

また、多くの医療機関に関連する注目ポイントとしては、湿布薬処方時にレセプトにコメントを記載する業務などが増えたことが挙げられます。

4月分のレセプト業務まであと10日あまり。

ゴールデンウィークどころではないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報!

医療事務求人.comと同じ三幸グループの日本医療事務協会が実施する「診療報酬改定セミナー(4月開催)は、レセプトの記載要領や疑義解釈通知についての解説など、4月の請求業務からすぐに役立つ情報満載でご案内しています。

会場でのご参加が難しい方には、ネットでの動画配信もご用意。

備えあれば憂いなし!是非ご参加をご検討ください。

 

▼診療報酬改定セミナーの詳細

http://www.japanmc.jp/h28-kaiteiseminer.html

 

▼お電話でのお問い合わせ

日本医療事務協会

フリーダイヤル:0120-39-8653

平日9:00~17:45

コラムの一覧へ